TOEIC試験の大きな傾向はビジネス英会話

TOEIC試験はどちらかというとビジネス英語を重視しているようです。それは、出題される問題の種類から類推することができます。TOEIC試験の試験問題で多いのがビジネスシーンを想定した問題です。例えば、出張で、海外のホテルやレストランを訪問する際のシーンなどが、数多く引用されます。ホテルやレストランで使われる会話の形式は、ある程度パターン化されています。それらのパターンを練習しておくだけで、実際の試験本番では、断然有利となります。ビジネスマン向けの英会話教材などを購入すると、必ず現れる会話のシーンが、ホテルで使われる会話やレストランで使われる会話です。それらの会話については、TOEIC試験を受験する前に、テキストや音声教材を利用して、完全に覚えるまで繰り返し練習をしておきましょう。それだけで獲得できる点数が急激に増大します。

TOEIC試験は聞き取り試験部門で点数稼ぎが

会社の職務の一環としてTOEIC試験を受ける場合だってあるでしょう。点数稼ぎという言葉はあまり好きではありませんが、点数稼ぎのテクニックを使ってでも、TOEIC試験の点数を高めたいと考えたことのある人は、多分わたし一人だけではないでしょう。それだけ、会社で行われる英語研修や英会話研修では社員にプレッシャーがかかるという分けです。心配は要りません。とっておきのテクニックをお教えしましょう。それは英語の聞き取り試験部門のテクニックです。聞き取り部門の試験が行われる直前に、聞き取り後の設問と、それらの答えの選択肢を眺める時間が与えられます。眺めると表現したのには理由があります。パッと眺めて判断する短い時間しか与えられないからです。それでも、パッと眺めて設問の意味が理解できれば、それだけでヒアリング時に、その内容がずいぶん聞き取りやすくなります。

TOEIC試験を受けるときの心得

今日はTOEIC試験を受けるときの心得について簡単に記述しましょう。試験を受ける前の期間は、規則正しい英語学習の時間をつくる習慣を身につけましょう。英語学習に王道はありません。毎日まいにちの地道な基礎学習や基礎練習がとても大切です。例えば数カ月の間、一日わずか1時間でも、規則正しく英語学習をすることができたならば、TOEIC試験を受けたときに、自分の得点の伸びや伸び率に驚きます。毎日練習するのが苦手な人たちもいます。試験の直前になって、5時間も10時間も、集中的に学習をしますが、このやり方では、思ったほどの学習効果がありません。同じ10時間を英語学習のためにささげるのならば、試験直前の1日の10時間よりも、1日1時間を10日間、英語学習にささげるほうが、学習効果は大きいです。遅くとも着実なものが勝利するという英語のことわざがあります。