診療報酬担保ローン☆お役立ちガイド

home > 診療報酬担保の情報 > 不動産を担保に入れなくても借りられる診療報酬担保のローン

不動産を担保に入れなくても借りられる診療報酬担保のローン

 金融会社からお金を借りる時に、担保が活用されるケースがあります。
不動産物件を担保にして、お金を借りている方は多いです。
不動産担保ローンには確かにメリットがあって、比較的大きなお金を借りる事ができます。
無担保型のローン商品ですと、限度額は低めになってしまうケースが多いです。
1億円を借りられる無担保型のローンは、あまり見かけません。
ですが不動産担保ローンなら、1億円ぐらいの融資も可能です。
ちなみに限度額は、不動産の物件価値に左右されます。
万が一返済に滞った時は、不動産物件が売却されるリスクはあります。
しかし大きな金額を借りられるので、不動産担保ローンを検討している方も多いです。
ところで病院が資金を借りるなら、診療報酬担保という方法もあります。
診療報酬の担保ローンにも、様々なメリットがあります。

 上述の不動産担保ローンには1つデメリットがあって、そもそも不動産物件が必要です。
必ずしも自己保有の物件でなくても構いません。
親族が保有している物件でも、担保に入れる事はできます。
ですが肝心の物件がなければ、もちろん担保ローンでお金を借りる事はできません。
ところが診療報酬担保のローンは、不動産物件がなくても問題ありません。
担保に入れるのは不動産物件ではなく、あくまでも病院に支払われる予定の診療報酬になるからです。
医療保険の機構から支払われる予定のお金を活用して、ローンを組む形になります。
ほとんど全ての医療機関は診療報酬を抱えていますし、不動産物件を持っていなくてもお金を借りられるメリットは大きいです。
しかもその担保ローンには、限度額の高さにも特徴があります。

 上記でも少々触れた通り、不動産担保ローンの限度額は最高1億円ぐらいに設定されている事が多いです。
しかし10億円や20億円ほど借りられる不動産担保ローンは、ほとんど見かけません。
そもそも不動産担保ローンは、物件価値以上の金額で借りる事はできません。
あくまでも不動産の物件価値の範囲内で借りられる訳ですが、10億円や20億円など高額な物件は、あまり見かけません。
ですが診療報酬担保のローンは、10億円ぐらいの融資が可能な商品も多いです。
というのも医療機関が抱えている診療報酬は、かなりの金額になります。
金融会社としては、価値が高い担保があれば多くのお金を貸し出す事もできますから、上記のような限度額にできる訳です。
ですから大きなお金が必要な時は、不動産担保ローンよりも診療報酬担保ローンがおすすめです。

▲ ページトップへ